ミシンの縫い始め

ミシンの縫い始めが肝心!スムーズに針を進ませるコツ

ミシンの縫い始めがうまくできないと、ミシンが進まず同じところばかり縫い続けるといった状態になることありませんか?

針が進まずイライラする。

縫い始めがうまく進まないから、縫い始めだけ1針ずつ針を下していくといった手作業の状態になることもある。

こういった状態になるは、決まって厚物を縫う場合です。私も厚物を縫う時には、必ずと言っていいほど、こんな状態に陥る。

厚物を縫う場合、とにかく針が進まない!

何で進まないの?ってイライラする。

この状態になるのは、ミシンの押えが斜めになっているから生地が進みにくくなっているんです。

針を進みやすくするためには、押えの後ろに当て布を置いて押えが水平になるようにすると生地もスムーズに進みます。

家庭で厚物を縫う場合、とにかく針が進まないといった状況に陥りがちです。ミシン初心者となれば、やっぱりミシンは、使いこなせないと思ってしまうこともある。

子供の入園準備に使う布ってキルト生地が多いですよね。手提げや上履き入れなど・・・

厚物を縫う場合は、当て布をして縫うと針がスムーズに進んで作業がはかどりますよ。

そんな厚物縫いの悩みを解消してくれるミシンがあるんです。それがアイシンミシンです。

特にSP10は、ミシン初心者が使いやすいように設計されているミシン。

分かりにくい上糸や下糸通しの仕方もミシン本体に付いているワンポイントナビに書いてあるのでとってもわかりやすい。

ワンポイントナビ

しかも、アイシンミシンのミシンは、厚物縫いもスイスイ縫えるミシンです。抑えが生地に沿って動くから、生地の厚みでハリが進まないなんてことがない!

リーズナブルな価格でありながら、使う側のキモチが良く考えられているミシンです。

 入園準備におススメのミシン

 

入園準備におすすめのミシンは、各モールで購入可能!
いつも使っているモールで購入すればポイントも溜まってお得!